トップバー2

三代に渡る信頼と実績

工務店の信頼

terada_old4工務店は従来、地域密着の商売であり地域の気候や人々の暮らしに合った材料と工法を用いてノウハウを蓄積していました。殆どの人にとって一生に一度の買い物である家を任せる工務店選びはほとんどが地域の口コミによる評判によるものでした。

terada_old3
工務店にとって、新築だけでなくリフォームや家に関すること全てで一生お付き合いをすることになる地域のお客様の評判は非常に重要であり、お客様に真摯に向き合い良い家を提供することのみがお客様の信頼を得る唯一の方法である事を肝に銘じています。

三代に渡り地域の皆様に支えられ工務店を続けていることは、それが何より地域の皆様により良い家を提供できていることの証であると自負しています。

三代に渡る実績

terada_old1寺田建設は、明治40年に取手市で先々代が近隣の家具の修繕を始めたことをきっかけとして、三代にわたり、この地で立川流・大工棟梁として木組みの家づくりを行ってきました。それら、無垢材の家を建てている実績と経験が受け継がれているからこそ、様々な木材の見立てから、無垢材のクセの読み方、施工技術、メインテナンスをやりやすくする要となる部分など、長い目で見なければわからない知識が豊富にあるのです。また、建築施工だけでなく、木材そのものへの探究心から、木材自体の天然乾燥も自ら研究し、他の材木問屋ではなかなか手にはいらないような良質の材料を豊富に取り揃えてあります。このことにより、他の工務店では高価となってしまうような、本当に良質な天然乾燥無垢材をお値打ち価格でお客様に提供できるのです。