トップバー3

良心価格の家

寺田建設の思い

寺田建設は、住む人が健康で快適にかつ末永く安心して生活できる、本物の「木の家」に沢山の人に住んでいただきたいと考えています。住んで良かったという笑顔をもっと多くの人に広げたいのです。本物の良い材料を丁寧に加工した家は孫の代まで長持ちします。家を消費財ではなく、耐久財として捉えている寺田建設の家は、長きにわたる安心や安全、そのメインテナンスコストも含めてトータルで考えれば決して割高ということはないのです。

コストを下げるための取り組み

取り扱う材木問屋も少なくなり流通も少ない、天然無垢材は一般的には高級素材となってしまっています。そのため寺田建設では、以前より原木を直接市場から入手し、自ら製材、天然乾燥させ資材置き場で管理しています。このような中間流通の簡素化により、希少で優良な木材を使用した木造の家を良心的な価格で提供することができるのです。天然乾燥させた無垢材を工務店自ら大量に保管し、建材として利用しているような工務店は茨城県内でも数えるほど(3件ほど)しかありません。他の県内1000件以上もある工務店では、木材をその都度材木屋などから購入して施工を行っているのが実情です。

良心価格

寺田建設の家は優良な木材を用いて50万円/坪より案件を承っております。これは寺田建設が自信を持って長持ちで安全で快適であると考える最低基準を満たすと考える譲れないラインです。それでも、寺田建設が50万円/坪で建てる木の家は、他の工務店では決して同じ値段ではつくれない(70万円~80万円程度)品質のものを提供していると自負しています。


これだけの優良な木材を使用した天然無垢材の木の家を実際にお客様が同業他社と比べていただければ、どれだけお値打ちなのかをわかっていただけます。