トップバー3

孫の代まで暮らせる家

本物の長きにわたる安心とは

木の匠4家には寿命というものがあります。一般的な住宅の耐久年数は30年程度と考えられているようです。30年という期間は確かに長い年月です。しかし、その期間だけ快適に暮らせれば良いのでしょうか?日本の伝統的な木組みによる住宅の耐久年数は100年以上です。古くからの伝統的な日本家屋が現在でもたくさん残されている事がなにより、天然無垢材を利用した家屋が長持ちすることを証明しています。無垢材は気候の変化にとみ、多くの地震に見舞われる住宅には過酷な環境である日本で、しっかりと家とそこに住む人々を支えてきた実績があるのです。

寺田建設の家は、子から孫の代まで充分に受け継いでいけるような、末永く安心して住んで頂ける家づくりです。

現在主流の家づくりの問題点

現在一般的に行われている家づくりは、熱損失をできるだけ避けるために高気密高断熱工法が用いられています。しかし、通気層を設けずに気密性能ばかりを追求した家づくりは、高温・多湿の日本の気候風土では、室内・躯体の中と共に、空気の流れも停滞し、湿気による建物への傷みを引き起こします。空気の流れが無ければ、家の骨格部分に結露が生じやすくなり、万が一水漏れなどが発生しても、乾燥すること無く濡れたままの状態になるなどリスクが増大します。どのような状態になっているかを確認しようにも高気密の壁にはばまれ、確認自体が容易でありません。

また、接着剤等を含む新建材は、湿気による加水分解でホルムアルデヒドが空気中に流れ出します。その中で気密性をあげて室内の空気を魔法瓶のように保つとシックハウスの原因にもなってしまうのです。

そのことから、近年では、24時間換気という換気システムが法により定められ、ファンやモーター、コンピューターを使い、ダクトを通って空気が室内・外を行き来する仕組みが作られてはいます。
しかし、長いダクトは壁や天井裏などの躯体の中に配管します。

そのダクト内には、年月と共に徐々にチリやホコリが溜まってきます。換気口入口付近なら、掃除もできますが、躯体の中に配管した長いダクト内までは、壁や天井をはがす等大掛かりな補修工事が必要となります。

ダクト内に付着したチリやホコリ、カビもまたシックハウスを発症させる恐れがあると考えられますし、ファンやコンピュータ等の消耗品のことも考えると、メンテナンス費用も掛かってきてしまいます。

このように、現在主流の家づくりは、問題解決のために様々な技術を導入していますが、それぞれの耐久年数はせいぜい10年程度と短く、家自体のメインテナンスを行うことが非常に難しい場合や、できたとしても大掛かりになってしまうという問題があります。このような複合的な問題が、家自体の耐久年数を短くしてしまう根本的な原因となっています。

家のメインテナンスを重視した家自体に優しい設計

寺田建設は建物自体も丈夫でなるべくメンテナンスが少なく済む、長持ちのする家にすることも大切だと考えます。
建物の寿命に係わってくるものとしては、基礎や構造材の剛性を追求することはもちろんですが、もう一つ忘れてはならないのが「風の流れ」を考えるということなのです。

風の道

家の「風通し」とは、なにも一年中窓を開けっぱなしにするとか、隙間風の入る家づくりということではありません。もちろん、定期的に窓を開け新鮮な風を室内に取り入れ、空気が澱まないようにするということも、建物が傷まないようにするためには、重要なことです。しかし、外出時にも、窓等の開口部を開けて出掛けるというのは、特に防犯上、考え物です。

寺田建設が考えたのは、エネルギーゼロの自然換気システム「風の道」です。
「風の道」とは、基礎と土台の間に猫板を取り付け隙間を設けた「猫板工法」により、外気を取り入れる自然換気口のことです。

階段下部に取付けた「風の道」。
猫板によって設けられた隙間から入った風は、そのまま床下のひんやりとした空気層を通り、上昇気流を利用して外壁と内壁の間の躯体と、室内に設けられた風の道を通ります。

床下から2階へと流れるように、躯体の中にも室内にも空気が行き交う、「縦の風」の流れを作り出します。

木製の格子の奥に張られたネットを通して空気の流れを誘います。

この「風の道」の設計で、湿気による建物の傷みが解消されます。

また、天然乾燥で仕上げた、表わしの無垢材達が備える自然の調温・調湿効果で、夏場の外出時、窓を閉め切った状態でも、家中に充満する「もわっ」とする多湿の空気の状態が軽減されます。

必要以上の過剰な冷暖房などには頼らず、また、人体の健康を損なうことなく、エアコンの風が嫌いな方にも心地よく健やかな生活を感じて頂けます。

寺田建設では、どの建物にも、この外気を取り入れた自然換気口「風の道」を標準仕様として採用しています。

ヒバ材による猫板通気工法

ヒバ材の猫板

ヒバ材の猫板

土台と基礎との要には、ヒバ材で作った猫板を採用しています。

基礎のコンクリートと土台との間に、通気層を設けるため、猫板(基礎パッキン)を挟みます。

基礎パッキン

基礎パッキン

通常、基礎パッキンといえば、プラスチック樹脂製の既製品を用いますが、本来木製の土台との相性は同じ木製の方が材料同士が滑らず、尚且つ縮んだりしないので定着が良いのです。

猫板は、土台に使用する材と同じく、湿気から来る腐りやシロアリに強いものが好ましいのでヒバ材を使用しています。自社の工場で一枚、一枚、加工して現場に搬入します。

猫板の配置

猫板の配置

猫板を配置する位置に柱が建つので、設置箇所を慎重にチェックしながら施工を行います。このようにして、地震や過酷な気候風土に耐えられる家づくりの基礎が完成します。

寺田建設では猫板にはもちろん、土台になる木材にも人体に影響を及ぼす注入土台(防蟻処理の薬品を注入した土台)は一切使用しません。

素材の良さを引き出し、メンテナンスがしやすい設計

建物と言うものは建てた後にいかにメンテナンスがしやすいかが重要なポイントとなります。
例えば水廻りの配管部分などは建てた後にメンテナンスが非常に困難な設計と言うものにしてしまうと、後々配管工事に掛かる金額も高額になる場合も多いのです。
寺田建設ではそういった事を長年の経験を生かし、設計の段階から長く住み続けていくにあたり、メンテナンスのやりやすい設計になるような様々な工夫を凝らしております。

基礎のコンクリートを打設する前の段階での水廻り部分の配管工事を行う様子

基礎のコンクリートを打設する前の段階での水廻り部分の配管工事を行う様子

後々メンテナンスをする際に大掛りな工事にならないよう、かつ家そのものにダメージを極力与えないように設計をする事がポイントです。

水廻り以外で言うと、屋根の先端部分の部材、破風板等も良質な赤身の材料を適切な寸法と加工法で施工し、長年の風雪に耐え得る仕上がりにしております。

屋根の下地材として杉の下地板を施工している様子。通常はこの部分を合板で工事する工務店が殆ど

屋根の下地材として杉の下地板を施工している様子。通常はこの部分を合板で工事する工務店が殆ど

屋根の下地材に関しても同様の事が言えます。
現在は屋根の下地材には、施工のしやすい合板を貼り付ける施工が主流になっています。
経済効率を求めるあまり簡単に施工が済んでしまう合板に取って代わってしまったのです。
かつての杉板等による捨板などに比べると、はるかに施工がしやすく早く仕上がるのですが、寺田建設では日本特有の気候である、夏暑く冬寒いという悪条件下においても合板よりも長持ちをする、杉の板を加工した昔ながらの下地材を使用しております。(※ご予算によります)

破風板とは軒の先端についている板材の事です。
これは斜めや真横から吹き付ける風雨などを防ぐ為に取り付けられている部材で、雨水や風などを防ぐ役割なども担っています。
使用材料は主に厳選した無垢材を使用し、長きに渡っての経年変化にも耐え得る仕様となっています。
破風板という部材は、その位置関係上どうしてもメンテナンスに多大な労力とお金が掛かってしまう部分です。
多くの工務店はこの破風板の部分に窯業系の既製品を使用していますが、早期に傷みが進みやすく、且つメンテナンスに多くの工事種目が絡む部位の為にこの部分をしっかりとした材料と施工方法で仕上げることが長持ちさせる秘訣です。

構造材に使用する構造用金物にも更なる工夫

耐震ナッター

耐震ナッター

通常の在来軸組構法では、羽子板ボルトなどに代表される構造用金物のボルトでもって、木材と木材を金属で出来た座金で固定します。
これでも充分な強度を得られますが、新たに出てきた耐震ナッターというものを使用して、より強固に木組みを固定、変形に対応する仕組みも出ております。

この耐震ナッターは通常の座金とは違い、緩んだ座金と木部の間が自動的に座金の内部で締まるように出来ております。
このようなワンランク上の構造用金物を使用する選択もあるのです。

良き素材と適切な施工法でメンテナンスのしやすい家に

家には良い素材を使用する事も勿論大事ですが、それと同時にその材料を生かす施工法、そして長期に渡って住まい続ける為に必要なメンテナンスがしやすい設計が出来ているかが大事なポイントなのです。