トップバー3

地震に強い安全な家

余裕の耐震性能

家に求められる最も重要な要素は安全ではないでしょうか。どんなに外観が素晴らしく、機能的に優れていたとしても、住む人にとって安全でなければ日々の生活を安心して過ごせるはずがありません。

いうまでも無く、日本は地震大国であり、大きな地震の度に家の安全を最低限守るための建築基準は厳しくなってきています。寺田建設では、これら建築基準が厳しくなる以前よりその基準を余裕でクリアすることはもちろん、お客様の安全を第一に考え、より厳しい独自の基準を設けています。
その結果として、寺田建設が施工した全ての家屋では大きな地震であっても家の骨格である構造体に大きな被害は出ていません。

安全を支える骨組み

構造体には長期的な強度を発揮する無垢材を使用

家の強度を決めるのは構造体と呼ばれる土台とうわものの骨格である柱と梁です。
寺田建設では家の骨格である柱には4寸角(12cm)以上の無垢材を使用します。また、梁材も全て無垢材を使用しています。
骨格に集成材を用いないのは、集成材よりも無垢材の方が日本の風土で長期にわたって安全を確保し、お客様が安心できる家を提供できると寺田建設が考えているからです。これまでの日本での木造建築で培われた無垢材の数百年にわたる実績と信頼を上回るものはありません。

集成材と無垢材

木造の家で使用される木材にも様々な種類があることをご存知でしょうか。大別して無垢材集成材、乾燥方法により自然乾燥と人工乾燥に分けられます。集成材とは細かい木を接着剤により組合せたもので、無垢材とは一本の木をその大きさに切ったものです。

寺田建設では、建物の重要な生命線とでもいうべき構造体集成材は一切使わず無垢材のみを使用します。何故なら集成材の性能というものは家を建てた最初が一番強く、その後どんどん下降線をたどるからです。

これは集成材を張り合わせている接着剤そのものが日本の高温多湿の気候によって徐々に劣化していくからです。いかに接着剤の性能が上がったとはいえ、基本的には気候の変化には弱い物性を持っているのです。無垢材の場合は時間の経過において、乾燥が進み、その強度はどんどん増していきます。

万全の基礎工事

地盤の入念な調査

基礎工事の前に地盤を入念に調査し、必要があれば地盤の改良を行います。

直下型の地震対策・耐震基礎

フック筋

フック筋


寺田建設では、基礎幅は150ミリを確保し、直下型の地震にも十分に耐えられるように、基礎コンクリートの鉄筋を曲げてフック筋にする施工実績も豊富にあります。

フック筋とは直下型の地震(地盤から急激な勢いで突き上げる地震の事)の対策の為につけるもので、地震で基礎コンクリートがバラバラになるのを防ぐ為につけるものです。

写真の様に縦に入っている鉄筋の頂上部分は、通常はフックにはなっていませんが、この部分にフックをつけておくことが地震対策において非常に重要なのです。

現在の建築基準法では、そこまで手間をかけてフックを付けるという事をしなくても検査は通りますし、施工業者の多くも、そこまでして基礎コンクリートに対して真剣には考えていないというのが、私たちが今まで仕事をしてきた実感です。

しかしながら、大自然の力というのは我々が考えているよりもはるかに予測不可能で強大な力を持っています。
ご家族の大切な命を守る家だからこそ、見えない部分にこそこだわりたいと私共は常に考えています。

住宅保証機構による入念な配筋検査

鉄筋を組み終えた後、コンクリートの打ち込みを始める前に、住宅保証機構の検査を必ず受けます。

検査日には現場監督と施工業者と検査員が立会いの下、鉄筋の径、ピッチがクリアできているかどうかの厳しいチェックが行われます。

この後のコンクリート打ち込み工事を完璧なものにする為にもこの検査を無事パスし、次の工事に進みます。

鉄筋のピッチのチェック

鉄筋のピッチのチェック

検査官立会いの下、厳しい検査を受けます。

建物に必要な強度が確保出来ているか鉄筋のピッチをチェックします。

建築基準法の規定

建築基準法の規定


建築基準法の規定をクリアするだけでなく、その土地と建物に必要な耐久性を加味しながら鉄筋のピッチを決めます。