材木:トップバー3

社長あいさつ

代表取締役 寺田二郎

代表取締役 寺田二郎

当社が「木の家造り」に取り組んできたのは、何も特別な事ではありません。時代の要求を取り入れながらも、首尾一貫、木にこだわり、木と共に暮らせる自然の家造りを進めてきた結果が、当然のように辿り着いたに過ぎません。

実際に木の家と申しましても、その実態は色々あり数えきれない程です。木の形をした単なる張り子の家。家全体が合板など工業製品で固めただけの家。風土に適さない木を使った木造風の家。一般的な意味での木造建築。集成材などを用い、木造りの形をまとった新建材の家。社や寺で用いられる伝統的な木造り・・・。

こうしてみると、「木造り」という言葉はあまりにも簡単に用いられ過ぎてはいないでしょうか?

私は常に考えます。木の本質とはいったい何だろうと?本物の住宅とは何だろうと?木と対話して造る私たちの行なっている家造りというものは、今日では、かなり稀な部類に入ってしまいました。多くの工務店、メーカーが木組みと呼ばれる家造りを簡単に捨て去り、合理化の美名のもと、時代に踊らされる様に疑問だらけの家造りを始める。木と対話した本物の家造りがどんどん失われてゆく。

木造の家-それは、いかに「木の本質」を知って家造りをするか、という事ではないかと思っています。

本来はどの大工も棟梁も、当り前に行なっていた家造りを継承し、それをより現代に活かしてゆく。言葉では至って簡単な事ですが、たどり着くには扱ってきた経験も大いに必要。実践も必要。一つひとつがまさに木とともに歩む事であり、それが木の家造りをなりわいとする者の務めだと思います。

やっと見つけ出したその経験と知恵も、また、新たな木との出会いや時代の要請等によって変わってゆく。

私たちには、木と共に造りだす「家造り」があると自負しています。

多くのノウハウ、そして大いなる資産である〔木〕そのものを大事に育て残しています。木造りの家は決して高くはありません。

その本来の価値を知り、本当に木と遊ぶ家、木と暮らせる自然の家造りを実践できれば。木は本当に奥が深く懐も深い。

私もまだまだ木との対話を続けて参ります。宜しくお願い申し上げます。